あなたの中にもちゃんと、途方もない愛があります


前回、子どもの愛がいかに無条件かについて書きました。

 

この世に存在する、たったひとつの無条件の愛

 

 

わたしは仕事柄、多くのお母さんたちにセラピーをしてきましたが、
彼女たちとのセッションを通じて、
一部の子どもたちは、
(ひょっとしたら、全員かもしれませんが)
まずは親を助け、癒すことを目的に、
地上に降りてきているのだと確信するに至りました。

 

 

今日は、その一例として、
わたしのクライアントさん(Sさん)のケースについて、
書いてみたいと思います。

 

 

(ご本人の許可を得ています。
「他のお母さんたちが、
問題行動を起こす子どもからの、
メッセージに気づいてもらえる機会になるのでしたら、喜んで」
と、掲載を快諾してくださいました)

 

 

Sさんがわたしとのセラピーを始めてから、ちょうど1年になります。

 

 

1年前、 Sさんは、当時3歳だった娘、Pちゃんとの関係にとても悩んでいました。

 

 

Pちゃんは、生まれたときからずっと泣きっぱなしで、
ちょっとでも下ろすとギャン泣きが始まるので、
Sさんは、赤ん坊の彼女をずっと抱っこしていたそうです。

 

 

少し大きくなると、癇癪が始まり、
ちょっとでも気に入らないことがあると大暴れするので、
Sさんは、常に娘の顔色を伺い、機嫌を取りながら生活していました。

 

 

(歯を磨かせようとすると大暴れするので、
歯磨きもできず、
甘いものを制限しようとするとやはり大暴れするので、
甘いものも無制限に与えた結果、
虫歯だらけになってしまったそうです)

 

 

保育園でも病院でも、Pちゃんは問題児扱い。
「ダメなママ」のレッテルを貼られ、
夫の協力も得られず、
Sさんは、本当に居たたまれない日々を過ごしていました。

 

 

たまらずカウンセリングを受け始めたものの、
会話中心のカウンセリングでは、
たくさん原因探しをして、頭で原因を理解しても、
自分が楽になった感じは全然せず、
「とにかく娘を受け入れて!」と言われて、その通りにしても、
Pちゃんの癇癪は、どんどん激しくなっていったそうです。

 

 

Pちゃんにつけられた傷を見ながら、
絶望して毎日泣いていたころ、
わたしの著書に出逢い、
こちらでのセラピーを申し込んでくれました。

 

 

セラピーでは、本当にさまざまなプロセスが起きました。
(ここでは詳しくは触れませんが、
わたしは、Sさんとのセラピーのたびに、
こんな過酷な幼少期を、よく生き延びてきたなーと、
いつも本当に本当に感動します)

 

 

セラピーを続け、
さまざまな心身の症状が解消されていくにつれ、
(全身のひどい凝りがなくなる、
お酒がやめられる、嫌なことは断れるようになる・・・など)
Pちゃんとの関係も、
勝手にどんどん改善されていきました。

 

 

娘に遠慮しなくなり、
言いたいことがあればはっきり伝え、
時にはノーと言っても、
Pちゃんは、前のような癇癪を起こさなくなったのです。

 

 

そしてある日、Sさんは、自分の母親が死ぬ夢を見ました。

 

(ちなみに、親が死ぬ夢、親を殺す夢というのは、
最高最強の吉夢です。
そういう夢を見たら、赤飯炊いてお祝いしてくださいね!)

 

 

その夢のことをPちゃんに伝えたら、
Pちゃんはこう言ったそうです。

 

 

「じゃあママ、これからは自由じゃん

 

 

そしてその日、Pちゃんは、
ママ大好き!
一緒にブランコしてるときのママが大好き。
〇〇してるときのママが大好き。
××してるときのママが大好き」 と、
ママの大好きなところを、30個くらい話してくれたそうです。

 

 

またあるとき、
どうにもやるせない気持ちになり、
両親に対して、自分の気持ちを綴った手紙を書いて、
誰に聞かせるわけでもなく、それを音読していたら、
それを聞いていたPちゃんは、
こう言ったそうです。

 

「ママが小さいときは、優しい人が誰もいなかったんだね」

 

 

そして、最近は、
Sさんが、「私って冷たい娘なのかなあ」などと、
自分に対して批判的なことを考えるたびに、
Pちゃんから、
「ママ、何考えてるの?」とチェックが入るんだそうです。

 

(夕食のおかずなど、どうでもいいことを考えてる時は、
全然、何も聞いてこないそうです)

 

 

・・・・繰り返しますが、
Pちゃん、まだ4歳ですからね。

 

 

このサイキックぶり、すごくないですか?
(というか、子どもは全員、サイキックです。
こちらのブログも、ぜひお読みください )

 

 

Pちゃんが、さまざまな問題行動を起こしてくれなかったら、
Sさんは、自分の幼少期の傷を抱え続けて、
ずっと苦しいままだったことでしょう。

 

 

そして、Sさんが楽になったら、
Pちゃんの癇癪は、勝手に収まって、
こんなにも、お母さんに共感する娘になってくれた。

 

 

でも実は、
大癇癪を起こしているときから、
Pちゃんは、お母さんのことを、
ものすごく愛していたんですよね。

 

 

癇癪は、
当時、ものすごくつらかったSさんに対して、
Pちゃんが体を張って表現してくれていた、
彼女の共感だったんだと思います。

 

(Sさんの体験談は、どうぞこちらもお読みください)

 

わたしもそうでしたが、
自分が癒されると、
自分の子どもが、いかに自分を愛してくれているのかが、
本当にびっくりするほど、 身体の深いところでわかるようになります。

 

 

本当に、途方もない愛です。

 

 

そして、 もしあなたに子どもがいなくて、
「わたしには、そのレベルで自分を愛してくれる人なんていない」と、
さみしい気持ちになったのであれば、
どうぞ、思い出してください。

 

 

その、途方もない愛は、
あなたの中にも、確実に存在していることに。

 

 

だって、あなたにも、親がいますよね。

 

 

あなたも、子どものとき、
自分の、ものすごく不完全な親に対して、
Pちゃんと同じレベルの愛を注いでいたんですよ。

 

 

(そして、不思議なことに、
血のつながりがなくても、まったく同じです。
わたしとうちの娘は血が繋がっていませんが、
彼女の愛も、すさまじいです)

 

 

そして、
愛は、受け取るのも与えるのも、実は同じです。

 

 

だから、そのレベルの、
あなたの中に確かに存在する、
子ども時代のあなたの、途方もない愛を、
ただ、自分の内側に意識を向けて、感じ取ってみてください。

 

 

そして、誰よりもまず、
自分自身に対して、
その愛を、向けてみてください。

 

 

それだけで、無意識の深いレベルで、
深い癒しが起こると、
わたしは確信しています。

 

 

藤原ちえこのセラピーはこちら

 

メルマガ登録はこちらから

藤原ちえこ 無料メールマガジン

 

藤原ちえこの著作はこちらから