自分の運命を前もって知ることは、その後の人生にどのような影響をもたらすか?〜アガスティアの葉を読んできました その3


こちらの記事の続きです。

自分の運命を前もって知ることは、その後の人生にどのような影響をもたらすか?〜アガスティアの葉を読んできました その2

セッションが再開し、私の葉の内容が読み上げられ始めました。

 

私の性格、才能、欠点、これまでの人生の流れ、
そしてこれからの人生について。

 

葉によると、私は心が温かく、真面目で、才能があり、
理想主義かつ実際的で、さまざまなことに関心を持ち、
責任感があり、家族を大切に思っていて、
飲み込みが早く、誠実で素直で、正義感があり、
働き者で頭の回転が早く、新しもの好きで、直感力が強く、親切で、
若々しく魅力的で、精神世界に興味があり、
旅好きで話好きで、人を見抜く力があり、
愛を強く求める人間だそうです。

 

欠点は、怠け癖があり、わがまま、頑固、プライドが高くて我が強いところ。

 

・・・当たってるやーん(笑)。

 

 

特にうれしかったのは、「優しくて親切」という部分が強調されていたことです。

 

わたしはセラピストですが、
短気でど直球で人見知りな性格が災いしてか、「癒し系」と言われたことはこれまでに一度もなく^^;、
セラピーでもがんがんストレートにものを言うし、怒れないクライアントさんの代わりにセッション中に怒っていることも結構多いので、
わたしの優しい部分や繊細な部分は人には伝わりにくいだろうなあと常に思っています。

 

でも、葉にはちゃんと、わたしの本質が書いてある。
これにはすごく励まされました。

 

そして、葉に書かれていたわたしの未来は、これ以上望むべくもないくらいに
薔薇色でございました(笑)。

 

今後の人生を数年ごとに区切り、そのフェーズごとに起こるイベントが、良いことも悪いことも記されているのですが、
すでに経験済みのチャレンジを超えるほどの困難もなく、
(これまでの人生でもう、病気を含め、私なりに結構な試練をくぐり抜けてきたと思っているので)
経済的にもこの先困ることは全然なさそうでした。

 

人生のパートナーにもこれからちゃんと出会えるし、
友人や人間関係にも恵まれ、今後ますます精神世界との絆も深まり、
社会貢献もして、
70過ぎまで充実した仕事をして、
(あと2つほど仕事の種類が増えるみたいです)
75歳あたりで完全にリタイアして悠々自適の生活に入り、
80過ぎまで生きるとのことでした。

 

・・・これがわたしの運命だとしたら、まったく異存なしです(笑)。

 

 

そして、葉にもっとも頻繁に登場していたのは、娘のことでした。

 

何度も流産を繰り返し、何年も苦しんだ末に特別養子縁組で娘を迎えた経緯については、このブログにも詳しく書いていますが、
彼女とわたしには過去生からの深いつながりがあること、
娘がわたしの人生の宝物であり、彼女の存在が私の人生に多くの意味と喜び、幸せをもたらしていること、
何より彼女は特別な才能を持った子どもであると、葉には書かれていました。
(これはわたしも本当にそう思います)

彼女の将来も、わたしが今の娘を見て、こうなるだろうな、こうなって欲しいなと感じていた通りの方向に進むみたいです。

 

本当にしあわせなことに、わたしは現在、ほぼ悩みのない人生を歩んでいますが、
唯一、悩みらしきものがあるとすれば、娘との関係でした。

 

それは、娘がどうのこうの・・・ということではなくて、
娘に対するわたしの脊髄反射のコントロールがどうしても上手くいかないことが多く、
(つまり怒りすぎてしまう)
娘もわたしそっくりで気が強いので、日々すごく派手な喧嘩をしてしまうのです。

6歳の今ですらこうなんだから、彼女が思春期を迎える頃には、どんな恐ろしい親子関係になっちまうんだろう・・・とか、
娘を取り返しがつかないほど傷つけてしまっているのではないか・・・とか、
もんもんとすることもありました。

(わたしは心理の専門家であり、母親のサポートは大得意ですが、育児の専門家ではなく、子育ては結構下手だという自覚があります)

 

でも、葉を読んで、そうした心配はすべて杞憂なんだとわかりました。

 

いろんな目的があったにせよ、
このタイミングで葉に出逢った本当の理由は、娘についての理解を深めるためだったんだろうなと、つくづく思いました。

 

 

・・・続く。

 

(葉の画像はこちらのページよりお借りしました)

 

 

藤原ちえこのセラピーはこちら

 

メルマガ登録はこちらから

 

藤原ちえこの著作はこちらから