シンクロ(そして私たちはすべてつながっている)


皆様、
こんにちは。
さて、この仕事をしていると面白いもので、同じテーマを持つクライアントさんが同じ日にやってきたり、同じ週にやってきたりすることがよくあります。例えば、身近な人を自死で亡くされた方が同じ日に2人いらしたこともあるし、長くこちらに通ってくださっているクライアントさん2人が、それまで2人とも全然そんなテーマが出てきたことがなかったのに、まったく同じ週のセッション中に突然、パートナーに過去浮気をされたときに感じないように蓋をしてしまったショックが浮上したこともあります。
最近では、「身体のかゆみ」がテーマの方が2日連続でいらっしゃいました。そして、セッションでそのかゆみに寄り添っていった時に現れたのはどちらも、その方たちが当時表現できなかった悲しみや怒りでした。
そのうちのお一人は、あまりに突然かゆみがおさまらなくなったので、病院でアレルギー検査をしてもらったところ、何一つアレルゲンがヒットしなかったそうです。
これは明らかに、自分の中の解消されるべき何かがライトアップされているということですよね。そしてその方とのセッションは、ものすごく長い間抑圧してきた感情の解放をようやく許すことができた、本当に本当に感動的なセッションになりました。そして、もう1人の方もそうでしたが、セッションが終わる頃にはかゆみがすっかりおさまってしまっていました(笑)。(・・・ホント、身体ってすごいなと毎回思います。何という叡智の塊!)※ご本人の許可を得て書いています。

こういうシンクロに遭遇するたびに、「ああ、わたしたちはみんなつながっているんだな」と感じます。

かつて東京でトラウマセラピーのトレーニングをオーガナイズしていたとき、受講生を相手に米国人の講師が皆の前でデモセッションをすることがよくあったのですが、あるとき、ある受講生のデモセッションで、幼少期に親から愛されなかった傷に触れ、その傷が深く癒されていく感動的な瞬間がありました。そのとき、講師のマギーはそれを見ていた全員の方を向いて言いました。
「今、皆さん一人一人の内側で起きているプロセスを注意深く観察してね。彼女に今起きているのは、彼女一人の癒しなのではないの。ある人がトラウマを解放するときには、他の人たちのトラウマも同時に解放されているのよ」

私も本当に、そう思います。私のところにいらっしゃる人たちが同時に共通の傷に取り組むことが多いのも、その方たちが、同じテーマで悩む他の人たちの傷まで一緒に解放してくれているんだなと感じます。もちろん、私自身の傷も含めて。

だから、自分を癒すことは、地球上のすべての人の癒しにつながっている。あなたが癒されることで、この世界が少しずつ、誰にとっても呼吸しやすい場所になっていくのです。

セラピールームに来てくださる皆さんは、そんな人類のパイオニアだと私は思っています。皆さんの勇気に、心よりエールを送ります!!

今日もどうぞ良い一日を。

Facebookページ始めました。よろしければ「いいね!」していただけると本当にうれしいです。