触れるセラピー、触れないセラピー


皆様、
こんにちは。
心理系のセラピストとしては珍しいでしょうが、私のセラピールームには、マッサージテーブルが置いてあります。
私の専門は身体心理療法で、かつトラウマセラピストでもあり、自律神経系の自己調整を取り戻すお手伝いが専門なので、セラピー中に身体に手を触れさせていただくことがよくあるからです。
身体に触れるのは、ロルフィングやマッサージなどのボディワークとは違い、相手の身体の悪いところを修復するためではなく、単に本人の自律神経の自己調整をサポートするためなのですが、それでも、タッチは非常にパワフルで、あっという間に身体がゆるんだり、必要な解放(震え、発汗、熱の放出など)が起きて神経系が整っていくことがしょっちゅうあります。

そんなにパワフルならば、来る方全員にマッサージテーブルの上に横になってもらえばよさそうなものですが、私は普通の、一切相手の身体に触れずに行うセラピーも同じくらい大切だと思っています。
その理由はいくつかあります。
ひとつには、性的虐待など、触れられることによるネガティブな経験が多い方の場合、誰かに身体を触られることそのものがパニックや解離の引き金になることがあるからです。もちろん、そういう方の場合も、ポジティブなタッチはすぐれた修復体験になるので、最終的には触れられることの心地良さを感じてもらうことは大切なのですが、そのためには、ゆっくりゆっくり、普通のセラピーを積み重ねていくことが必要です。
もうひとつは、こちらが触れて行うセラピーだと、自律神経系が整っていったときに、クライアントさんが、それをセラピストのタッチのお陰だと勘違いしてしまうことがあるからです。(「自分の身体がゆるんだのは、セラピストの手にヒーリングパワーがあるからだ」など)でも、こちらが指一本触れずに、自分で自分の感覚に意識を向けていくだけで身体がゆるむと、それが自分の自然治癒力によるものだということがはっきり実感できますからね。
初めてセラピーにいらしたときに、ただ座って自分の身体に意識を向けるだけであまりにも身体がゆるんだので、「この椅子がいいんだと思います」とカウンセリングルームのソファのせいにする方がたまにいらっしゃいますが、もちろん、全然ソファのせいではありません。(というか、そんなすごいソファがあったら私が買いたいです 笑)でも身体に意識を向けるというのは、それくらい自己調整力を引き出すパワフルなことなんですよね。
ということで、本日もまた、クライアントさんに触れたり触れなかったりでセラピーをする私なのでした。

今日もどうぞ良い一日を。