pexels-photo-136412

最初に、トラウマというのは、一般的に考えられているよりもずっとありふれたものだと書きました。ここではその具体的な例について見ていきましょう。

交通事故

交通事故は、もはやあまりにもありふれた日常的な出来事になってしまったので、私たちはそのインパクトを忘れがちです。でも、一見軽微に見える追突事故でも、心身が受けるダメージというのは、実はとても大きいのです。ましてや、動いている車同士の衝突が人に与える衝撃は計り知れません。

事故の直後はふつう、起こった出来事に対処するためにアドレナリンが噴出します。そのため私たちは元気一杯で、多くの場合は高揚しています。事故直後、同乗者を守ろうとして自分のことがそっちのけになったり、興奮して痛みを感じなかったりという経験は多くの方が思い当たるのではないでしょうか。

最初の興奮がすぎると(それは数時間から、場合によっては数日かかります)、私たちは急に激しい疲労を感じます。ムチ打ちなどの症状が出てくるのも、人によっては何日も経ってからです。人によっては激しく落ち込んだり、感情的になったり、自分を責めたり、不安発作に襲われたり、眠れなくなったりすることもあるかもしれません。これはすべて事故後の正常な心身の反応なのです。

ここで私たちが扱っているのは、理性ではなく本能であることを思い出してください。私たちの理性は、「大した事故じゃなかったよ」「保険に入っていてよかった」「どこにも外傷がないんだから自分は大丈夫なはずだ」などと、体験を合理化して「なかったこと」にしたがります。しかし、私たちの脳の原始的な部分は、それとはまったく異なった反応をしています。身体にとっては、鉄の塊が自分にぶつかってくるというのは、まぎれもない生命の危機です。そしてそれに対応するために莫大な量のエネルギーを放出し、そのエネルギーが行き場を失ってさまよっているために、上記のような症状が出てきてしまうのです。

また、事故がきっかけで、抑えていた自分の他の感情的問題が噴出してくることがあります。子ども時代のつらい記憶がよみがえったり、別の恐ろしい体験を思い出したり、自分の生きにくさがさらに増したりといった体験をする人もいるでしょう。トラウマというのは原因にかかわらず同じ症状を呈することを考えれば、これも当たり前のことなのです。逆に考えれば、事故でそうした症状が出やすくなっているときこそ、自分の感情的問題を解決する良いチャンスかもしれません。どうぞ交通事故を軽く見ることなく、身体的、感情的に自分をケアしてあげてください。

交通事故のトラウマに関しては、こちらもご覧ください。

手術などの医療処置

手術や病院でさまざまな医療処置を受けることも、現代社会ではもはやありふれたことだと言えるでしょう。しかし、そうした処置が、時としてどれほどのトラウマを引き起こすかにはほとんどの人が気づいていません。

手術というのは、文字通り体にメスを入れる行為です。麻酔はしているにしても、身体にとっては暴漢にナイフで襲われているのと原理的には同じ体験です。麻酔も、人間の正常な神経系の活動を遮断する行為であるため、そこでブロックされたエネルギーは行き場を失っているのです。

したがって手術を受ける際には、麻酔に入る前の心身の準備と、麻酔から覚めた後のケアがトラウマを予防するために不可欠ですが、そのことに気づいている医療関係者は極めて少ないのが現状です。手術や怪我の処置のあと、悪夢にうなされるようになる子どもは珍しくありません。これも、親にしてみれば原因が分からずにおろおろするケースが多いのですが、病院や歯科医院での処置もトラウマの原因になりうるという知識があれば、対応もまた変わってくるでしょう。

性的虐待

私のカウンセリングルームには、子ども時代に家族や知人から性的虐待を受けた体験のある方が多くいらっしゃいます。性的虐待は、戦争と並び、考えられるもっともつらいトラウマの体験のひとつだと思います。成育過程で性的虐待を受けた方たちは、心身のさまざまな不調と低い自己肯定感に苦しみ、外見上は何ら普通の人と変わりなくても、日常生活を送るために陰で大変な努力をされている方が少なくありません。

しかしながら、性的虐待のトラウマは、一生苦しまなければならない終身宣告ではありません。虐待の内容に触れることなく、身体の持つ叡智に直接アクセスして、ゆっくりと安全に、少しずつ、自分の身体内にいることに安心感を持てるようになり、最終的に癒されて元気な自分に戻ることは十分可能なのです。ただそのためには、過去にさかのぼってつらい出来事を話すことを強要するようなセラピーや、症状を薬で抑えるだけの対症療法、激しい感情を何度も再体験させるような暴露的なセラピーは、余計に後でつらくなるだけですのでなるべく避けるようにしましょう。

癒しは、歯をくいしばって過去の自分に無理矢理向き合うつらい作業である必要はありません。今の自分を癒す鍵は、すべて自分の身体の中にあります。その身体の叡智におだやかにつながりながら、元気な自分を取り戻していきましょう。いつでもあなたのご連絡をお待ちしています。