最近、本州などの遠方にお住まいの方から、電話セッションをして欲しいと頼まれることが増えてきました。私のセラピーは身体に焦点を当て、クライアントの方の言語化できない部分を大切にするスタイルなので、電話による言葉のやり取りだけでは限界があると感じ、対面以外のセッションはこれまでずっとお断りしてきました。

でも、最近そうした依頼が増え、また私が上京してセッションを行う回数も諸事情あって減っているので、しばらく前から試験的に数人の方と、スカイプによるセッションを始めました。これが思ったよりも評判が良く、私としても対面セッションとそれほど変わらない効果を実感できたので、今後はもう少し広くスカイプセッションをお受けすることにいたしました。

遠隔セッションの条件



1.初回は札幌まで来ていただける方

交通費がかかって大変申し訳ないのですが、初回は対面によるセッションをさせていただきます。対面の目的は、お互いを知ることと、スカイプでのセッションが可能かどうかのアセスメントを行うことです。お会いした段階で、遠隔セッションに向かないと私が判断した場合は、申し訳ありませんが遠隔セッションをお受けすることはできませんのでご了承ください。(その場合は、なるべくお住まいの近くでご紹介できる場所を探させていただきます)

2. スカイプ、あるいは両手が自由になるヘッドセットでの通話設備がある方

私の行うセラピーは身体に注意を多く向けるセッションなので、手で受話器を持っている姿勢で行うことはできません。ゆえにスカイプでのセッションがもっとも適しています(スカイプは通話料がかからず音質も良いです)。もしどうしても電話をご希望の場合は、必ずイヤホンマイクなどのヘッドセットをご準備ください。なお、スカイプの場合でも、原則として映像は使わず音声のみで行ないます。私の場合、映像なしの音声のみの方がクライアントさんの状態をトラッキングしやすいからです。



3.事情が許す限り対面セッションにもいらっしゃれる方

スカイプでのセッションは、あくまでも補助的なものだと考えています。したがって、半年に1度でも一年に1度でもいいので、できる範囲で対面でのセッションにもお越しいただければと思います。

4.料金

対面セッションと同額です。セッション終了後、指定口座にお振込みください。